ブログ

ワンちゃんの認知症 その2

ブログ

こんにちは。

まだまだ暑い日が続きます。

ワンちゃんの体調の変化はありませんか?

 

さて、前回に引き続き

認知機能不全症候群 の症状を紹介します。

 

前回お話しした5つの変化の中から3つ紹介します。

少し細かい話になってしまいますが、認知症を考えるうえでとても大切になってきます。

読み直しながらチェックしてみて下さい。

 

☆相互反応変化

まわりからの影響によっての変化です。

・以前よりも来訪者や家族、他の動物に対してイライラしたり、怖がったり攻撃するようになった

・近づかれたり挨拶したり、撫でられたりすることに対する興味が減った

・過剰な甘え行動や要求吠えが多くなった

・飼い主さんから離れたときに不安が増えた

・光や音に過敏になったり、怖がるようになった

・新しい場所や外出などを怖がる事が増えた

 

☆睡眠リズムの変化

・夜間にウロウロと歩く、落ち着きがない、あまり眠らない、目を覚ましている

・夜中に鳴いたり、吠えたりする

・昼間や1日の睡眠時間が長くなる

 

☆粗相や記憶の変化

・新しいことを覚えにくい、あるいは、既に覚えている言葉や名前への反応が鈍い

・家の中のトイレ以外の場所に排尿や排便をする、トイレのサインがわかりにくくなる

・ワンちゃんの気を引くことが難しくなった、注意散漫で集中力が減った

 

以上の3つとなります。気になる症状はありましたか?

症状には個体差があります。

読んだだけでは実感がわかないかもしれません。

病院には基準となる認知機能の評価シートがあります。

シートを見ながらお家のワンちゃんと確認してみて下さい。

気になる方は気軽にご相談下さい。

次回は活動性の変化を紹介します。

ページトップへ