豊田市駅近くの岩滝動物病院では、入院・手術や予防接種、ペットホテル・トリミング等幅広く対応します。

病気の予防情報

フィラリア症予防

フィラリア症予防フィラリアとは「犬糸状虫」とも呼ばれる、消化管や心臓・肺などに寄生する20〜30cmほどのそうめんのような寄生虫です。蚊の媒介によって感染し、血尿や呼吸困難、時には死に至ることもあります。フィラリア症の予防には、蚊の発生の時期から蚊が見られなくなる1ヵ月後くらいまで、月1回定期的に予防薬を内服し、感染幼虫が血管の中に入るのを投薬によって防ぐ必要があります。

当院では右のようなカードにより、愛犬の健康管理を行っています。

ワクチン接種のご案内

ペットは自分で健康管理をすることができません。そのため、飼い主様による健康管理ががとても重要になります。
正しい時期にワクチンを接種することによって、恐ろしい伝染病を事前に予防することができます。以下は、当院で扱っているワクチンの一覧です。

※狂犬病予防について

生後91日後の犬は、年1回の予防注射と、生涯1回の保健所や役所への届出が法律により義務付けられています。
受け取った鑑札・注射済票は名札代わりとなりますので首輪などにつけてください。
登録内容に変更があった場合には、お住まいの市町村の役所へ届出をお願いします。
(豊田市の場合:豊田保健所保健衛生課 0565-34-6181)

犬の感染症予防

犬パルボウイルス感染症
心筋型と腸炎型があり、死亡率の高い恐ろしい病気です。
犬ジステンパー
1歳以下の子犬に多く、発熱・下痢・麻痺症状などを引き起こします。
犬パラインフルエンザ
ウイルス感染症
呼吸器病で、風邪に似た症状が表れます。
他の病原体との合併症を起こすことがあります。
犬コロナウイルス感染病
腸炎による下痢や嘔吐を引き起こします。パルボウイルスとの混合感染もあり、注意が必要です。
犬アデノウイルス(2型)感染症
高熱や肺炎・扁桃炎などの呼吸器疾患をもたらします。
犬伝染性肝炎
肝炎症状や、目が青白く濁るなどの症状が表れます。子犬の突然死の原因もなります。
犬レプトスピラ症
細菌により、腎臓や胃腸が冒されます。黄疸出血型では、歯肉から血が出たり黄疸が出たりし、カニコーラ型では、嘔吐や下痢症状が表れます。人間にも伝染する可能性があり、特に注意が必要です。

猫の感染症予防

猫汎白血球減少症
パルボウイルスの感染により白血球が減少し、食欲低下と嘔吐・下痢・脱水症状を引き起こします。
(猫伝染性腸炎ともいいます)
猫上気道感染症
風邪のような症状が表れる呼吸器疾患です。ヘルペスウイルスによる猫ウイルス性鼻気管炎と、カリシウイルスによる猫カリシウイルス感染症があります。
猫白血病ウイルス感染症
白血病や貧血、免疫力低下、リンパ腫、流産、腎臓病など多くの病気を併発します。潜伏感染の場合は発病しない場合もあります。

これらのワクチンは、生後50〜60日ごろに1回目の接種をします。
その後も子犬・子猫のときに2回、その後も免疫強化のため年1回の追加接種が必要です。 接種するワクチンの種類や時期は、年齢や生活習慣などにより変わってきます。 また、様々な種類の混合ワクチンがございますので、よく相談の上接種を行います。
当院では、ワクチン接種の際に検便も一緒に行っています。

健康診断を受けましょう!

5歳を超えるワンちゃん・ネコちゃんには、さまざまな疾患が潜んでいます。
元気に長生きするポイントは、健康検査による疾患の早期発見です。

ワンちゃん・ネコちゃんは、生まれて最初の1年で人間でいえば17歳くらいにまで成長し、その後は1年で人間の4歳分、年を取ると言われています! 人間以上に年1回の健康診断が大切です。

当院では、簡単な採血で可能な検査を行います。約2週間で検査結果が分かります。
・・・血液検査(10項目) 3,500円

▲Pagetop